立派なキャリアがなくても会計業界未経験でも経験を補える武器は意外と単純なところにある!

私は巡り巡って30歳を超えてから会計業界に辿りついたのですが、それまでの経歴は会計業界とは無関係、縁のない世界をさまよっていました。

エロ本編集者

大手音楽ショップ店員

大手牛丼チェーン店員

事務機カスタマーエンジニア・営業

不動産管理・法人営業

会計事務所(今ココ)

会計業界で働いている人、会計業界一筋、又は異業種からの転職組だとしても税務署勤務や銀行員などなんかしら関連のある業界で働いてきた方が働いているイメージがあると思いますし、実際、そういったキャリアを踏んで転身された方が多いと思います。

まぁ、私の場合、経歴的に見ても、端から見たらロクなキャリアの積み重ねかたではないですし、未経験でこの業界に飛び込んだ年齢としても遅いほうでしょう。

ただ、実際に会計事務所の社員として働きだし、お客様対応をするようになったら、どんなに経験が浅かろうが知識が無かろうが、お金を出しているお客様からしたらプロです。「私は経験が浅いので…」なんて言い訳はできませんしね。もちろん、税務・会計の知識はその方面で経験が長い方には敵わないですが、新卒でもない門外漢でも、意外と戦える武器はあるもんです。

世間的に一般常識であることが会計業界では一般的でないことがある

会計事務所で働くまでは、業界未経験だったのは上記の経歴でお分かりになると思いますが、実は「事務機〜」で働いていた時代は、営業相手が「士業」でした。東京近郊の方でしたらご存知の方もいるかもしれませんが「事務機リースをしてくれれば、お役様紹介しますよぉ〜」的な歌い文句で有名な某会社です。
そこで、主に事務機を入れていただいた税理士先生の事務所にメンテナンスにいったり、紹介できる会社を見つけるために一般企業にテレアポしたりしていました。

そのため、一般企業の社長様たちが、税理士事務所に対して抱いている不満なんかは結構耳にしていました。

例えば多かった不満ベスト3は、

・顧問料が高い(と感じる)
・先生や所員の態度偉そう
・説明が分かりづらい、そもそも説明(訪問自体)がない

です。当時は「そんなもんなのかねぇ」程度にしか感じていませんでしたが、実際、会計業界に身を置くと「ほんにそうなんだ」と驚くこと場面に度々遭遇しました。一般企業に勤めていれば常識的なことが行われていないというか、会計事務所では常識じゃなかったり。一言でいうと「古い」感じ。

だから、
・(自分としては)普通に挨拶する
・(自分としては)普通に電話応対やメール対応する
だけでも、好感を持たれることがあって自分としては逆にビックリしました。こんな仕事内容以前のところでも差をつけることができることもあります。(もちろん業界一筋の方がみんな世間の常識からズレでいるという訳ではありませんが)

担当する会社の業界を経験していればその経験は活きる、なくても興味を持つことが大切!

会計事務所によってはある業種に特化していることもあるかもしれませんが、大抵はいろんな業種の顧問先があるため、当然担当する会社の業種も様々になります。そんなとき、その業種を自身の仕事として経験したことがある場合は、その経験がいきます。

未経験で会計事務所に就職すると、最初のうちは記帳代行をすることが多いと思います。

この記帳代行の処理は、その業界の仕事を知らなくても、過去の会計データに習って正しく処理をすることはできますが、その業界のことを知っていると、仕事の流れがイメージできるので、会社の経理担当の方や社長とも情報を共有しやすいですし、雑談でも自身の体験に基づく話ができたり、会計人としての未熟さをカバーできることもあります。

そのような経験があったので、例え自分が経験のない業界の会社を担当することになっても、その会社の仕事内容に興味を持って、どんどん質問したり自分で調べたりしてすることが大切だと感じています。

合格のための試験勉強もしっかりやっていれば試験以外でも活かせる

これは他の業界の経験の有無に関係ないことですが、実務が未経験でも、税理士試験のために勉強は、何かしらの役に立ちます。

もちろん、試験のためにしている勉強が実務に直結する場面は少ないですが、税法科目を勉強していれば、法改正を含めた最新の税法を学んでいることになるので、所内でもたまに先生や先輩方に尋ねられることがあります。

私の場合、特に法人税や消費税について聞かれることが多かったです。そんなとき尋ねられたことにしっかり答えることができれば、先生たちからの評価も多少は上がるでしょう。やたらめったら何でも尋ねられるようになるとウザいですが、所内での評価をあげれば、何かと仕事がやりやすくなります。

もちろん、試験勉強をすることは合格するためにしていることですが、しっかり勉強をし続けることは、実務未経験者にとって武器になります。

未経験者でもプロとして働くからには、なにかしら武器が必要です。専門的知識はもちろん必要なので、日々勉強を続けるしかないですが、経験でしか積み重ねることはできません。その点では経験の長い方(しっかり勉強を続けている方に限る)には勝てませんが、業界未経験者なりの武器は、自分の過去から発見できることもありますよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする