破けてしまったジーンズはそのまま履く?それとも捨てる?いや、そこはリペアでしょう!

jeans_20121120_5

ジーンズを長い間履いていると、生地の状態や履き方によっては、生地に穴があいたり、破れたりしてしまうことがありますよね。そうなってしまったら、どうしますか? 選択肢としては、
①破れたまま履き続ける
②破れたら諦めて捨てる

のどちらかになりますよね。ただ、だと一度あいた穴はどんどん広がって見た目がみっともなくなる(それも味と言えば味なのですが…)し、かといっての決断をするのは長年履いてきて愛着があるから結構難しいんですよねぇ~(^^ゞ
そんな時、の選択肢を考えてみてはいかがでしょうか? その第三の選択肢とはズバリ…
③リペア(修理)して履き続ける!
です。トップの画像は実際に僕のジーンズですが、今まで2回リペアしています。
元々、あまり生地の質が良くないのも原因の一つなのですが、昔、右膝がザックリ破れてしまってから、しばらくタンスの肥しとなってしまっていたのですが、一度リペアで復活させてからは現役復活。それ以降いままで履き続けています。そして、今回、また穴があいてしまったので3度目の修理にだしてきて、再度復活させてきました!

ジーンズ修理&リメイクなら中目黒のラントンレーブ

僕がリペアでお世話になっているのは、東急東横線・東京メトロ日比谷線の中目黒駅から徒歩約5分にあるラントンレーブさんです。駅を出てまず祐天寺方面に線路沿いに歩き、遊歩道に突き当たったら、道なりに右手方面に進んでいくと角に自転車屋さんがあるので、その角を左に曲がると到着です。
↓趣のある店構えなのですぐに分かりますよ(^_-)-☆

jeans_20121120_1 jeans_20121120_2

ジーンズ修理 デニム リメイク リペアカスタムの ラントンレーブ RANT N’ RAVE東京 中目黒 – 中目黒のジーンズ修理 デニム リメイク リペア専門店 ラントンレーブ

最近、服のリメイクのお店は街中にも結構増えた印象があるのですが、せっかく自分の愛着のあるジーンズをリペアにだすのですから、腕が確かなところを選びたいですよね。その点ラントンレーブさんは『早い』『安い』『上手い』がモットーだけあって、信頼できます!
今回もトップの画像を見ていただければ分かる通り、右脚の上部分に1箇所、左足に2箇所の穴があいていたのですが、その穴を塞いでもらいました。
ね、見事な仕上がりじゃないですか? ちなみに基本、預けてから24時間以内の仕上がり、つまり、1日後には仕上げてくれる、仕事の早さも魅力なのですが、今回はたまたまなのかすぐにやっていただき、預けてから30分程度で仕上げていただきました!感謝ですm(_ _)m

jeans_20121120_6

↓の全体画像、左が修理前、右が修理後です。
ちなみに今回のリペア費用は、穴補修1箇所1000円×3箇所=3000円也。あと、ついでに先日ヤフオクでかったジーンズの裾上げもしてもらいました。こっちは1000円也。

jeans_20121120_3  jeans_20121120_4


右脚のでっかいT字の穴は元々は横に一線の穴だったのですが、当時所有していたバイクにまたがる時に穴部分をひっかけビリッと縦に破けてしまったんですよね。
流石にそれでしばらく外では履けなかったんです。酷い破れ方でしたから(^^ゞ
それが、復活してまた履けるようになったときはホント嬉しかったです。それ以来、僕はこのジーンズをT字の穴の形から、「ザク・ジーンズ」と名付け愛用しています。
皆さんもジーンズは少なくとも1本は持っていると思いますが、もし穴があいてしまったりして捨ててしまうかどうか迷ったら、是非一度リペアという方法も検討してみてください。そして、その際にはラントンレーブさんがオススメです! 遠方の方は郵送対応もしているそうなので、お店に相談してみてくださいな!

店舗情報(店舗HPより)

r a n t – r a v e . n e t(ラントンレーブ)
【住所】
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-49-19てまり隣
【電話】
03-3794-0663
【営業時間】
平日 15:00-24:00
土曜 12:00-24:00
日祝 12:00-21:00
不定休(水曜日あたりが妖しい)
ジーンズ修理 デニム リメイク リペアカスタムの ラントンレーブ RANT N’ RAVE東京 中目黒 – 中目黒のジーンズ修理 デニム リメイク リペア専門店 ラントンレーブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする