【英詞マスター26/100】『September』Earth, Wind & Fire

ライフハッカーにエントリーされていた記事
英語週間【その5】~勉強嫌いな人でも音楽が好きな人なら英語はきっと上手くなる!
に触発され始めたこのコーナー。
詳しくは、元記事を是非読んでみてください!
歌詞を覚えるメリットが色々書かれていますが、

100曲くらい覚えると、数多くのアーティストの言葉やフレーズが頭の中のデータベースに登録され、活用できるレベルに近づきます。

だそうなので、只今、100曲目指して爆走中!
26曲目に選んだのは、この曲!
1978年発売されたべスト盤『The Best of Earth, Wind & Fire Vol.1』に収録されている『September』

明日から9月だから『September』という安易な選曲ですが…(^^ゞ、どうしても9月と聞いて一番最初に頭に浮かぶのがアースですよね。本国アメリカでのソウル・チャート1位はもちろん、ここ日本でも洋楽にして発売当初は20万枚以上売れた問答無用のダンス・クラシック。
 何なんですかね、このキラキラ感は? 僕は残念ながら(?)ディスコ・ブームの頃はまだおこちゃまで、ディスコなるものには行ったことがないんですけど、たまにバブル期の映像なんかを見ると、クラブとはまた違ったバブリーな雰囲気は味わえるもんなら一度味わってみたかったです。
 2007年には闘病中のモーリスに捧げられたアースのカバーCDが発売され、彼の復活が期待されていましたが、その後は音沙汰が無いので心配ですが、もうご高齢なので復活云々はいいので、彼が残してくれた名曲の数々のようにハッピーな生活を送ってくれていることを祈ってます。
 今まで歌詞をきっちり読んだことが無かったのですが、曲調の割には意外としんみりとした内容の歌詞なんですね。個人的にはキーがシンドいのですが、歌詞だけでもしっかり覚えて、何となくでも歌えるようにしたいっす(^^ゞ

『September』 Earth, Wind & Fire


Do you remember the
21st night of September?
Love was changing the minds of pretenders
While chasing the clouds away
Our hearts were ringing
In the key that our souls were singing.
As we danced in the night,
Remember how the stars stole the night away
Ba de ya – say do you remember
Ba de ya – dancing in September
Ba de ya – never was a cloudy day
My thoughts are with you
Holding hands with your heart to see you
Only blue talk and love,
Remember how we knew love was here to stay
Now December found the love that we shared in September.
Only blue talk and love,
Remember the true love we share today
Ba de ya – say do you remember
Ba de ya – dancing in September
Ba de ya – never was a cloudy day
Ba de ya – say do you remember
Ba de ya – dancing in September
Ba de ya – golden dreams were shiny days

↓カバー集ではゴスペル界の大御所・カーク・フランクリンが歌ってますよ。

↓「人気ブログランキング」「ブログ村」に参加しています。
 お役に立ちましたら「ポチッ」としていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする