【好きなもの】ただ好きな漫画15選 (3/3)

プロフィールの補足として始めた不定期連載【好きなもの】シリーズ第2弾:ただ好きな漫画15選の3回目のラスト5作品です。前回アップの1回目と2回目の記事のリンクを↓に貼っておきますので、よろしければそちらもご覧になってください。

・前半5作品→ 【好きなもの】ただ好きな漫画(1/3)
・中盤5作品→ 【好きなもの】ただ好きな漫画(2/3)

どれも一時代を築いた作品ばかりなので、ご覧になったことがある作品ばかりかと思いますが、もし未読の方がいらっしゃいましたら、是非読んでみて下さい(^_-)-☆

『ハッピー・マニア』安野モヨコ

『MONSTER』浦沢直樹

浦沢直樹さんの作品で始めて読んだのは『YAWARA!』です。小学校の頃、近所の人が古紙回収の日に漫画を大量に捨てていたのですが、その中に『YAWARA』があったので20巻くらい拾って帰り読破しました。

その頃は小さかったので、漫画家の先生が誰なのかとか全然興味なかったのですが、後に『MONSTER』を知り、読み始めてから、その作者が『YAWARA!』と同じ作者だと知って驚いたのを今でも覚えています。だって、あまりに作風が違うから!

浦沢先生の作品は『MASTERキートン』『20世紀少年』『PLUTO』などどれも好きなのですが、ドイツを舞台に日本人天才外科医で将来の院長候補であったDr.テンマが、ある日、院長の指示を無視して、大怪我で運ばれてきた少年ヨハンを救ったことから、奇妙な殺人事件が連続して起こるようになる、という『MONSTER』の展開は、子供の頃から実家のテレビで2時間モノのミステリーを沢山見てきた僕としては、ハマらない訳がない作品でした。

物語のいたる所に様々な伏線が張り巡らされ、ラストのラストまで謎の真相が読めない展開、そして衝撃のラスト…。読了した後に暫く頭に残る後味の悪さ(決して悪い意味ではない)に、ぐるぐると頭が廻ります。

『ドラゴン桜』三田紀房

「いいか!賢いやつはだまされずに得して勝つ。バカはだまされて損して負ける。
だまされなくなかったら…損して負けんたくなかったら、お前ら……勉強しろ!」(①巻より)

『ベルセルク』三浦建太郎

作者のこだわりがひしひしと伝わってくる重厚な作画が、そのストーリー展開の壮大さと合わさって、独特の世界観を生み出していて大好きなのですが、その反面、連載開始から20年以上経った今でも、物語の終わりが見えない展開の遅さには、いちファンとしては、しっかりとその結末を知ることができるのか、変な終わり方はしないだろうか、という不安が常につきまとう作品でもあります。

『JOJOの奇妙な冒険』荒木飛呂彦

↓「人気ブログランキング」「ブログ村」に参加しています。
お役に立ちましたら「ポチッ」としていただけると嬉しいです。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする