【好きなもの】ただ好きな漫画15選 (2/3)

プロフィールの補足として始めた不定期連載【好きなもの】シリーズ第2弾:ただ好きな漫画15選の2回目の5作品です。前回アップの1回目の記事のリンクを↓に貼っておきますので、よろしければそちらもご覧になってください。

・前半5作品→ 【好きなもの】ただ好きな漫画(1/3)

どれも一時代を築いた作品ばかりなので、ご覧になったことがある作品ばかりかと思いますが、もし未読の方がいらっしゃいましたら、是非読んでみて下さい(^_-)-☆

『特攻の拓』原作:佐木飛朗斗、作画:所十三

特攻と書いて「ぶっこみ」と呼ぶ、この独特のあて字タイトルから、その暴走族関係の漫画であることは容易に想像できるでしょう。

中学ではいじめられっ子だった主人公:浅川拓が、外道の秀人やマー坊などの不良達と出会いのなかで、様々な族同士の抗争に巻き込まれながらも、その度に仲間や数々の奇跡に助けられながら切り抜け、拓自身もだんだんと成長していくという青春漫画です。

所謂ツッパリ系の漫画は本作以外にも沢山ありますが、本作が好きだったのは、「疾風伝説(かぜでんせつ)」というサブタイトルが付いているように族同士の抗争を超えた「スピードの向こう側」を目指す闘いの描き方が絶妙だったからです。

僕自身は別にスピード狂でもなんでもないですが、この漫画を読んで、本作の登場人物の一人、高遠陸夫の愛車だったセロー改に憧れ、一時期セローを購入し、カスタムを楽しみながら乗ってました。

音楽ネタがちょいちょい出てくるのも、音楽好きとしては堪りません!

『AKIRA』大友克洋

近未来の東京湾上に創られた新首都「ネオ東京」を舞台に、金田や鉄男らの暴走族が、軍と反政府ゲリラによる謎の人物「アキラ」の争奪戦に巻き込まれていくというSFコミックです。年齢的に連載時ではなく、単行本による後追いで知った作品です。

漫画ってその内容が好きでも線のタッチが苦手だったり又その逆もあったりすると思うんですが、大友先生の作品は絵のタッチや世界観、キャラクター設定やネーミングセンス等の全てがツボにはまりました。

唯一の欠点(?)は単行本がその大判サイズでページ数も結構あり重いため、ベッドやソファに寝っ転がりながら読むというスタイルでは読めないことぐらい(^^ゞ

なかなか話が進んでいないようですが、ハリウッドでの実写化の話があるようで、そちらも公開したら是非見てみたいですね!

『行け!稲中卓球部』古谷実

『北斗の拳』原作:武論尊、作画:原哲夫

『BECK』ハロルド作石

音楽を題材にした漫画はそこそこあるのかもしれませんが、本当の音楽好きに愛された漫画は『BECK』以外には無いのではないでしょうか?

平凡な中学生だった主人公の田中幸雄(通称:コユキ)の人生は、天才ギタリストの南竜介との出会いによって大きく動き始める。アイドル以外殆ど音楽を知らなかったコユキがギターを弾きはじめ、竜介たちのバンド「BECK」(別名:モンゴリアン・チョップ・スクワット)に加入し、数々の困難に行く手を阻まれながらも、自分達の音を信じ続け、成功の階段を登っていくストーリーです。

毎回のストーリーの扉に描かれたCDジャケットのパロディや、元ネタを想像させるようなバンド名やキャラクター達、その登場人物達の名言の数々に、その全てが音楽好きを「ニヤッ」とさせられはず!

漫画なのに読んでいると、登場するそれぞれのバンドの「音」が自分の頭の中で聴こえてくる(ような気がする)稀有な作品。それだけにアニメ化や実写映画化されたときは、様々は賛否両論があったのでしょうね。
↓最後に好きな名言を一つ!

『すべてオッケー』っていう現実逃避的な音楽では人の意識を麻痺させて生きる上での問題を 考える力を奪うだけ。
別にしょ~~~もないポップグループが世の中にいくつあってもいいと思うけどそんな連中にグレイトフル・サウンドを占拠されたくないの!(Byオバちゃんこと佐藤和緒)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする