【英詞マスター23/100】『Holiday』Weezer

ライフハッカーにエントリーされていた記事
英語週間【その5】~勉強嫌いな人でも音楽が好きな人なら英語はきっと上手くなる!
に触発され始めたこのコーナー。
詳しくは、元記事を是非読んでみてください!
歌詞を覚えるメリットが色々書かれていますが、

100曲くらい覚えると、数多くのアーティストの言葉やフレーズが頭の中のデータベースに登録され、活用できるレベルに近づきます。

だそうなので、只今、100曲目指して爆走中!
23曲目に選んだのは、この曲!
1994年発売された『Weezer』(Blue Album)に収録されている『Holiday』

 前回の【英詞マスター】から1曲番外編として、アリシア・キーズの曲を紹介しましたが、本家(?)のエントリー22曲目『What’s Going On』Marvin Gayeからだと1月以上空いてしまいました。
 本格的に試験勉強が追い込みの期間に入ってきたため、なかなか歌詞を覚えて歌えるようにするには時間が足りないため、なかなか紹介することが出来ないのです(T_T) まぁ、試験本番まで1月をきっているので、やりたいこと楽しみにしていることは色々あるのですが、とりあえず「やりたいことリスト」に残しておいて、試験が終わったあとに自分へのご褒美としてそれらをやることを楽しみに、日々勉強に励んでいます。
 という訳で、楽しみにしている「休日」=「Holiday」というキーワードで選曲したのがウィーザーの『Holiday』です。彼らの1stアルバムに収録されていますが、このアルバムは名曲揃い。久々にアルバムを聴きながらブログを書いてますが、全く古臭い感じがしません。カッチョいいです!
 ウィーザーは昔何度かライブに行ったことがありますが、他の外国のバンドに比べて、お客さんが合唱している率が高いと思います。みんなで大合唱になっている場面がよくあります。
 結構なファンでも歌詞となるとサビしか歌えない曲って結構あるのですが、彼らの曲は比較的メロディに歌詞が詰まってない(?)ので英語でも歌いやすいんですよね! その上、彼らの特徴でもある泣きのメロディは唄っているとなんか気持ちがいいんです(^^♪
 勉強に疲れたときは、試験が終わった後の束の間のホリデイを頭に思い描きつつ、Weezerの『Holiday』を熱唱してストレスを発散させることにします(^_-)-☆

『Holiday』 Weezer


Let’s go away for a while, you and I
To a strange and distant land
Where they speak no word of truth
But we don’t understand anyway
Holiday
Far away
To stay
On a holiday
Far away
Let’s go today
In a heartbeat
Don’t bother to pack your bags or your map
We won’t need them where we’re goin’
We’re goin’ where the wind is blowin’
Not knowin’ where we’re gonna stay
Holiday
Far away
To stay
On a holiday
Far away
To stay
On a holiday
Far away
Let’s go today
In a heartbeat
We will write a postcard
To our friends and family
In free verse
On the road with Kerouac
Sheltered in his bivouac
On the road we’ll never die
Let’s go away for a while, you and I
To a strange and distant land
Where they speak no word of truth
But we don’t understand anyway
Holiday
Far away
To stay
On a holiday
Far away
Let’s go today
In a heartbeat

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする