懐かしの味にやっと再会!渋谷から移転後約4年ぶりに「やしま」のうとんをどか喰いしてきたよ(^^♪

「やしま」と言えば、渋谷界隈では、ずぅ~と昔から有名な讃岐うどん屋さんです。僕の「やしま」初体験は、渋谷の某大手レコード店(残念ながら現在は既に閉店)で勤務していた頃、お仲間に連れて行ってもらったときです。センター街のハズレの雑居ビルの地下にあったその店の店先には、一般的な飲食店の昼ピークからは過ぎているにも関わらず、結構な行列が出来ていました。
また、当時は讃岐うどんブームもあってか、手軽な値段で東京でも讃岐うどんを味わうことができるようになっていましたが、この「やしま」は結構、強気な値段設定だったのにまず驚き、その未体験の味わいに衝撃を受けたのを今でも憶えています。
しかし、2008年に雑居ビルの解体と共に、富ケ谷に移転してしてしまったことにより、休憩時間に通うには不可能な距離になり、また、僕自身が転職し、渋谷方面に行くことが無くなってしまったため、その後、いつかまた行きたいとは思いつつも、今まで行けずにいました。

相変わらずの行列、相変わらずの客層。

20120628_1

ところが、数ヵ月前から某習い事のため、月に数回渋谷に行く機会が出来たこと、また少し前にDJ MUROさんの「ひさびさにやしまでどか喰い」なるツイートを見てしまったため、「やしま」熱が爆発してしまい、先日念願の「やしま」に行ってきました!
・お店の詳しい場所はHPでチェックしてね → めんき やしま
その日は何時もの病院の定期診察が早く終わったため、地下鉄に乗り「代々木公園」で下車。徒歩数分、11:45分頃に店に到着しました。お店の中は既に満席で店先には先客が5人ほど並んでいました。(上の画像は食べ終わった後の12時15分頃です)
写真のようにサラリーマンの方もいましたが、渋谷にあった頃から結構客層が若いお洒落な感じの人が多かった印象があるのですが、それはあまり変わっていないようで、僕が行った時は「Yシャツ:Tシャツ=5:5」の割合でした(^_-)-☆
列に並び、数分経った頃、丁度1回転目のお客さんたちがぞろぞろと会計を済ませ出てきたため、意外と早く店内に入ることができました。

20120628_4

店内は渋谷の時ときよりも、広々としたキレイだったため、逆に少々ドキドキしてしまいましたが、壁一面には以前と変わらぬ昭和を感じさせるグッズの数々は相変わらずでした。何かホッとしました(#^.^#)

「打ちたて 茹でたて 揚げたて」が基本

20120628_2

20120628_3

↑主なメニューはこんな感じです!

あまりに久々のため、以前の値段設定を憶えていないのですが、そんなに値段は変わってないんじゃないかなぁ?と思います。 僕は一番大好きだった「生しょうゆ あつあつ」に、トッピングで「ゲソ」「ジャコ天」をセレクトし、待つこと10分少々。ついに念願の「うどん」がキタ━(゚∀゚)━!

20120628_5

うどんの上にこんもり積もった揚げ玉、一口サイズにカットされた天ぷら、そして、ネギと生姜の薬味。これですよ、これ! これを待っていたんです!!
今回の写真全体に言えることですが、テンションがあがってしまい、写真を撮るのがかなり雑になってしまい大変申し訳ないのですが、見た目以上に凄い量なんですよ。

20120628_6

そして、肝心の味ですが、これまた堪らない程美味。標準だと汁の量は凄い少ない(調整可)のですが、ムッチムチの極太のめんと薄いおダシの汁が絶妙に合ってます。普通、うどんだと「ズルズル」ってススって食べると思うのですが、「やしま」のめんは密度が濃く(?)ボリュームがあるので「もぐもぐ」食べる感じです。

20120628_8

また、お客さんのほとんどがオーダーする人気の天ぷらも、表面はサクサクで中はジュワーとしています。こちらは見た目ほど油っこくないです。一口大にカットされているので女性でも食べやすいですし、素材自体に味が付いているので、何もつけなくて丁度いい具合に仕上がっています。


という訳で、約4年ぶりの「やしま」をたっぷり満足してきました。あまりに久々であったため、大切なことを一つ忘れていました。それは、
「食べた後は、眠くなるから気を付けて!」
ということ。これはですねぇ、画像からするとそんなに驚くほどボリュームがあるという風には見えないと思うのですが、実際に食べてみると、結構なボリュームですし、油っこくないとは言え揚げ物がプラスされているので、食後は満腹感が凄いことになります。
そして、お昼にいっぱいご飯を食べてしまうと、どうなるか。皆さま分かりますよね? そう眠くなるんです!僕も以前お昼を「やしま」で食べた後の午後の勤務は、良く眠くなっていたことを思い出しました。
うどん一杯としては、結構なお値段かと思いますが、確実に期待は超えてきます! 若干、お店の場所が繁華街からは離れているため、利便性は良くないし、営業時間も「麺がなくなり次第終了」という行っても食べられないリスクはありますが、タイミングは合った際には是非「うどん」の旨さを満喫してくださいな(^_-)-☆
めんき やしま
住所:東京都渋谷区富ケ谷1-45-13
アクセス:地下鉄「代々木八幡」「代々木公園」下車、徒歩約3分
・HP:http://www.menki-yashima.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする