【英詞マスター17/100】『Wonderful World』Otis Redding

ライフハッカーにエントリーされていた記事
英語週間【その5】~勉強嫌いな人でも音楽が好きな人なら英語はきっと上手くなる!
に触発され始めたこのコーナー。
詳しくは、元記事を是非読んでみてください!
歌詞を覚えるメリットが色々書かれていますが、

100曲くらい覚えると、数多くのアーティストの言葉やフレーズが頭の中のデータベースに登録され、活用できるレベルに近づきます。

だそうなので、只今、100曲目指して爆走中!
17曲目に選んだのは、この曲!
1965年発売『Otis Blue』に収録されている『Wonderful World』


 また、一週間空いてしまいました。普段は、この英語の歌詞を覚えるために、家で歌うことより、自宅から学校までの通学時にiPhoneで音楽を聴きながら、ボソボソとつぶやきながら覚えることが多いのですが、只今絶賛勉強中(?)の税理士試験の試験日がだんだんと近づいてきているため、音楽を聴く時間を削り、理論暗記のCD聴いたり、自分が理論を音読したものを録音した音源を聴く時間に充てることが多くなりました。
 そのため、1週間に1曲というペースは暫く難しくなってきました。でも、好き音楽を紹介するのは単純に好きだし楽しいので、今後も続けますよ\(^o^)/
 ということで、今日はオーティス・レディング『ワンダフル・ワールド』です。言うまでもなくオリジナルはオーティスも尊敬する(僕ももちろん尊敬する)サム・クックですが、『Otis Blue』には、サム・クックの曲が『Change Gonna Come』『Shake』『Wonderful World』3曲あるが、僕はこの『Wonderful World』が一番好きです。
 オーティス・レディングの凄さは、何を歌っても、自分の曲は勿論、他人のカバー曲であっても、あたかも元々自分の持ち歌であったかのように、オーティス色が全快になることだと思います。
>
↑原曲はこっち『Wonderful World』Sam Cooke
 無論、スティーブ・クロッパー、ダック・ダン、アル・ジャクソン、ブッカーT、他錚々たるミュージシャン達が奏でるメンフィスサウンドが寄与している部分は大きいのは確かです。しかし、サム・クックの原曲を聞いてもらえば分かりますが、アレンジはオリジナルに忠実でありながら、全てをオーティス色に染めてしまう彼の歌声はやはり秀逸。
 しかも、当時20代半ばというのにこの渋さ、とても他の人には真似できません(^^♪
 真似はできないけど、まずは歌詞は覚えて、一生懸命真似してみます!
『Wonderful World』Otis Redding
I don’t know much about the history now
Don’t know much about biology
Don’t much about the science book
Don’t know much about the french i took
All i do know is i love you now
And i wonder if you love me, too
Ooh what a wonderful world this could be
I don’t know much about geography now
Don’t know much about
Trigonometry now
Don’t know much about the algebra
Don’t know what a slide rule is for
But i do know one and one is two now
And i wonder if you love me, too
Ooh what a wonderful world this could be
I don’t claim to be “a” student
But that’s what i’m trying to be
But by being an “a” student, baby
Looks like i could win your love for me
Don’t know much about the history now
Don’t know much about biology
I don’t much about the science book now
Don’t know much about the good french i took
All i do know is i love you now
And i wonder if you love me, too
Ooh what a wonderful world this could be
I don’t claim to be “a” student
But that’s what i’m trying to be
But if i have to be an “a” student, baby
I’m gonna win your love for me
I don’t know much about geography now
Don’t know much about trigonometry
Don’t know much about the algebra now
Don’t know what a good slide rule is for
But i do know one and one is two now
And i wonder if you love me, too
Ooh what a wonderful world this could be
Good lord, i been trying
I been trying, i been trying…

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まとめteみた.【【英詞マスター17/100】『Wonderful World』Otis Redding】

    ライフハッカーにエントリーされていた記事英語週間【その5】〜勉強嫌いな人でも音楽が好きな人なら英語と上手くなる!に触発され始めたこのコーナー。詳しくは、元記事を是非読ん