【税理士試験】 解答のない問題<第5章>

 税理士試験受験生の皆様、こんにちは\(^o^)/
 本日も「財務諸表論」についてのお勉強です。税理士試験受験者の必読ブログ、暮木先生のブログ「税理士試験 簿記論 講師日記」で出題されている課題に挑戦しているのですが、今回は過去の出題分「第5章」(途中から参加しているため)を追いかけて解答してみましたので、その内容をアップさせていただきます。
 たまにご覧になっていただいてるかたで、ご興味の無い方は今回は黙ってスルーしてくださいな。 m(_ _)m
 先日発売された『会計人コース4月号』(3/3発売)の付録(というかこれが僕にとっては本命だったのですが)財表理論対策『スリー・ステップ式 財表理論パーフェクトNavi』は、とても便利ですよ。財表受験者で未読の方は、ぜひゲットしてみてください!

会計人コース 2012年 04月号 [雑誌]
会計人コース 2012年 04月号 [雑誌]
中央経済社 2012-03-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*解答案は、添削を受けているわけではないので、ご覧になっていただいている方は、参考程度になさって下さいね。逆にご指摘はバンバンして下さいな。よろしくお願いいたします。m(_ _)m
第5章 現金預金と有価証券
第3節 有価証券
2 有価証券の取得価額
(1)購入による場合
問5-1☆ 有価証券を購入した場合の取得価額を簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 有価証券の取得原価は、購入代価に付随費用を加算して決定する。

問5-2☆☆ 有価証券の発生の認識に関する会計処理方法を2つあげ、それぞれ簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 有価証券の発生は、原則として、売買契約締結日に取引を記録する「約定日基準」で認識するが、受渡日に記録される「修正受渡日基準」によることもできる。

3 有価証券の期末評価
(2)売買目的有価証券
問5-3☆☆ 売買目的有価証券の評価と評価差額の取扱いをその理由とともに説明しなさい。

(解答案)
 売買目的有価証券は、売却・換金に対して、事業遂行上等の制約がないため、時価評価し、評価差額は当期の損益に含める。

問5-4☆☆ 売買目的有価証券に認められる期末評価後の会計処理方法を2つ簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 期末評価後の会計処理には、前期末に計上した評価差額を翌期首に戻し入れて、いったんもとの帳簿価額に戻す「洗い替え方式」と、前期末の時価評価が翌期首に修正されず、そのまま帳簿価額として引き継ぐ「切放し方式」がある。


(3)満期保有目的の債券
問5-5☆☆ 満期保有目的の債券の評価をその理由とともに説明しなさい。

(解答案)
 満期保有目的の債券は、満期まで保有することによる約定利息及び元本の受取を目的としており、満期までの金利変動による価格変動のリスクを認める必要がないことから、原則として、償却原価法により評価する。

問5-6☆☆ 償却原価法とは何か簡潔に説明するともに、具体的な適用方法を2つ指摘しなさい。
(解答案)
 償却原価法とは、債権等をその額面金額と異なる価額で取得した場合に、その差額を償還期まで毎期一定の方法で、帳簿価額に加減する方法であり、複利計算を前提とした利息法と、毎期均等額を配分する定額法がある。

(4)子会社・関連会社の株式
問5-7☆☆ 子会社株式と関連会社株式の評価をその理由とともに説明しなさい。

(解答案)
 子会社株式及び関連会社株式は、支配目的で保有する株式であり、実質的には事業用資産であるため、取得原価をもって評価する。

(5)その他有価証券
問5-8☆☆ 時価の把握が可能なその他有価証券の評価と評価差額の取扱いを理由とともに述べなさい。

(解答案)
 時価の把握が可能なその他有価証券は時価評価し、評価差額は純資産直入する。なぜなら、事業遂行上等の理由から直ちに売買・換金することには制約があり、実際に売却されることは稀なためである。

問5-9☆ 純資産直入法として認められる2つの会計処理方法を簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 純資産直入法には、銘柄別の評価差損益を純額で純資産の部に計上する「全部純資産直入法」と、評価差益は純資産の部に計上し、評価差損は当期の損失として純利益計算に含める「部分純資産直入法」が認められている。

問5-10☆ 有価証券の評価損が強制される場合について簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 時価が把握可能な有価証券について、時価が著しく下落し回復する見込みがあると認められる場合以外の場合、及び時価の把握が極めて困難な株式について、実質価額が著しく低下した場合である。

第4節 デリバティブとヘッジ会計
2 デリバティブ取引の会計
問5-11☆☆ デリバティブ取引の発生の認識、期末評価、評価差額の処理を簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 デリバティブ取引によって生じる正味の債権又は債務は、契約の締結時点でその発生を認識する。また、期末において当該債権又は債務は時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、原則として、当期の損益として処理する。

問5-12☆ ヘッジ取引とは何か簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 ヘッジ取引とは、ある財貨の価格変動等による損失の可能性を軽減することを目的として、先物取引などを手段として利用する取引をいう。

3 ヘッジ会計
問5-13☆☆ ヘッジ会計とは何か簡潔に説明し、ヘッジ会計の具体的な方法名称を2つあげなさい。

(解答案)
 ヘッジ会計とは、ヘッジ対象の損益と、ヘッジ手段の損益を同一の会計期間に認識し、ヘッジの効果を会計に反映させるための特殊な会計処理をいい、繰延ヘッジ会計を原則とするが、時価ヘッジ会計を採用することもできる。

問5-14☆☆ 繰延ヘッジ会計とは何か簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 繰延ヘッジ会計とは、時価評価されているヘッジ手段の損益を、ヘッジ対象の損益が認識されるまで、貸借対照表の純資産の部に繰り延べる方法である。

問5-15☆☆ 時価ヘッジ会計とは何か簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 時価ヘッジ会計とは、ヘッジ対象の相場変動等による損益を認識し、その損益とヘッジ手段に係る損益を同一の会計期間に認識する方法である。

第5節 キャッシュ・フロー計算書
1 資金情報の必要性
問5-16☆☆ キャッシュ・フロー計算書とは何か簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 キャッシュ・フロー計算書とは、キャッシュ・フローの状況を企業活動区分ごとに報告した財務諸表である。

問5-17☆☆ キャッシュ・フロー計算書の必要性を簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 キャッシュ・フロー計算書は、発生主義における利益額にどの程度資産的な裏付けがあるかを示すため、及び資金繰りの観点から企業の安全性の評価に役立つ情報を提供するために必要である。

2 資金の範囲
問5-18☆☆ キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲を簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、現金及び現金同等物とする。ここに現金とは、手許現金のみならず要求払預金も含み、現金同等物とは、容易に換金でき、かつ、価値の変動について僅少ならリスクしか負わない短期投資をいう。

3 キャッシュ・フローの区分表示
問5-19☆☆ キャッシュ・フロー計算書における企業活動区分を簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 キャッシュ・フロー計算書における企業活動は、営業活動、投資活動及び財務活動という3つに区分される。

4 キャッシュ・フローの作成方法
問5-20☆ キャッシュ・フロー計算書における営業活動区分の作成・表示方法を簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 営業活動区分の作成・表示方法には、直接法と間接法の2通りがある。

問5-21☆☆ キャッシュ・フロー計算書の作成方法である直接法と間接法の長所を簡潔に説明しなさい。
(解答案)
 直接法は、企業の収支を総額で表示するという長所を有し、間接法は、当期純利益とキャッシュ・フローの関係を明示することができるという長所を有する。

↓参考文献です。(今、必死に読んでます!)

財務会計講義
財務会計講義 桜井 久勝

中央経済社 2011-03
売り上げランキング : 22197

Amazonで詳しく見る by G-Tools

↓参考文献です。(3/17に第13版発売予定です!)

財務会計講義〈第13版〉
財務会計講義〈第13版〉 桜井久勝

中央経済社 2012-03-17
売り上げランキング : 2459

Amazonで詳しく見る by G-Tools

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする