【Non-BP Life】結局、精神障害は厄介者で片づけられてしまうのか?

20120313_1
photo credit: Dark Botxy via photopin cc

先日、とある方がtwitterで紹介している記事に目が止まりました。そのタイトルは

『新生活!ボダにだけは気をつけろ!』

まず、このタイトルだけを見て、内容を理解出来る人は、まぁ少ないでしょう。そして、その意味が分からない人がことタイトルを見て受け取る印象は、間違いなくネガティブなものでしょう。「あ、何か注意するべきことが書かれているんだろうな!」と読者は警戒心を持って文章を読むに違いありません。

それでは、興味のあるかたは本文を読んでみてください。元の記事は、言論プラットフォーム「アゴラ」にアップされていたものです。

記事の全文はコチラ→『新生活!ボダにだけは気をつけろ!』

どうですか?

この記事を執筆されているのは、純丘曜彰(すみおか てるあき)さんという方だ。ウィキペディアで経歴を見てみると、東京大学を卒業されていたり、大学で客員教授をされていたり、論文や小説などを執筆されていたりと、かなり多才な方のようだ。実際、かなり頭は切れる人なのでしょう。

しかし、そんな方がなぜこのような記事を書いたのか、その意図がわかりません。実際にこの方も、BPDの方と深く接した経験があるのだろうか? それであればこのような記事を書く権利はあると思います。あくまで権利ですが。

内容を下手に要約していまうと、全文から受け取る印象とは異なってしまうと思うので避けます。僕は内容自体はあながち間違ったことを言っている訳ではないと思います。むしろ的確にBPDの特徴を挙げています。知識がない方が、BPDの方と深く関わろうとするのは実際に危険なことなので、境界性パーソナリティ障害のことをご存知無いかたに、注意を喚起する意味では、これくらい読み手の恐怖心を煽った書き方のほうがインパクトあると思いますし、効果があります。

しかし、その内容はあまりに差別的です。僕が指摘したいのは次の3点です。

①境界性パーソナリティ障害を患っている人のことを「ボダ」、彼らが標的にした人物のことを「タゲ」と表記していること。
②「ストーカーやセクハラ・パワハラ、結婚詐欺、宗教洗脳をはじめとして、芸能醜聞や社会事件でも、このボダが元凶となっていると思われる問題が近年はあまりに多い。」という記載。
③上司や部下、同僚、クラスメイト、御近所の人で、「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない、時や場もわきまえずにベタベタと近寄ってくる、やたらプライベートな話に踏み込んでくる、人のことを激烈に批判する、深夜の電話や長文のメールなど、公私の区別がおかしいやつがいたら、要注意だ。

まず、①ですが、この「ボダ」「タゲ」といった言葉は、境界性パーソナリティ障害(BPD=ーライン・パーソナリティ・ディスオーダー)を抱える人又はその周りの人達は普通に使う言葉です。しかし、それは、ある意味、限られた範囲内であるから使うことが許される言葉だと思います。純丘さんの文章では、「タゲ」=彼らが標的にした人物と表現していますが、これを見た人は、「ターゲットにされる→『ボダ』っているのは、危険な人物なんだな!」となるでしょう。

次に②ですが、これはよく言及されることではありますが、なにか根拠のあるデータをお持ちなのでしょうか? 僕がBPDの家族会に参加している印象、又は境界例・境界性人格障害WEB、海外ではありますがBPD CENTRALなどでの皆様の悩みを見ていると、むしろ家族関係だったり、パートナーとの関係だったり、同僚との関係だったりが主だと思います。それをストーカーやセクハラ・パワハラ、結婚詐欺、宗教洗脳などあまりに反社会的な単語を羅列することは、必要以上の差別を煽ることになります。

③も②と同じです。ボーダーは昔は、精神科や診療内科などで、よく原因が分からない人につけられた病名でもあるそうです。心について専門的な知識を持った医者でも、判断が難しいものを、たかが挨拶ができないから、ベタベタ近寄ってくるから、あいつはボーダーだ、なんて印象を持つのは、あまりにおかしな判断です。

ただ、前述したように、文章全体を通してはこの先生の主張には同意するところが多いのも事実。

ボダの長い来歴の複雑で深刻な問題は、あなたの同情心程度では解決できない。それは、あなたが路上のホームレスを救えないのと同じこと。

これは、真実です。その関係に飛び込もうとするには、断固たる決意は必要なのは間違いありません。
しかし、です。 この

境界性パーソナリティ障害者=反社会的人物

というレッテルを貼るような文章はやはり、あれだけ影響力の持ってそう(?)な人が書く文章ではないです。なんか、この方の別の文章も読んでみたところ、挑発的な文章の展開の仕方が彼のスタイルのようですが、これは、国とは大企業とは組織に向けてであれば良いと思うが、個人に向けられるのは良くない。

なんだかんだ言って、いまだに世の中に認知されている「うつ病」ですら、世間の理解度は低いのだから。ましてや「境界性パーソナリティ障害」などと一見良くわからないような病気に対して、いたずらにマイナスイメージを植え付けるのはいかがなものかと思います。

実際にボダを支えているノンもいて、病の苦しみから回復しているボダもいるのだから!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 純丘曜彰 より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    言及恐縮。まず第一に、「反社会性パーソナリティ障害」と「境界性パーソナリティ障害」は、DSM上ではまったく別の「病気」です。人の文章のアラを批判しているつもりで、自分の方がタチの悪い間違ったレッテリングをしてしまうようでは、それこそ論外ですよ。
    つぎに、精神系の社会的な潜在の問題。本人が専門医に受診し、DSMなどのクライテリアにひっかからないかぎり、「病気」とは認知されません。したがって、このことは、それ以外に無い、ということを意味しません。近年、鬱病に関しては、以前よりは比較的にオープンに語られるようになってきましたが、その他に関してはあいかわらず偽善的な根強い差別と偏見があり、鬱病にがんばれと言うのと同様、とくにBPDに関しては、下手な善意こそが事態を劇的に悪化させてしまうという基礎知識くらいは、もっと広く知られるべきであろうと考えています。実際、学校関係では、例年、各所で、合理的に見てBPDが充分に疑われうる(つまり専門医未診断の)学生と周囲のトラブルが聞かれ、教育関係者たちまでをも巻き込んで、大事になることも少なくありません。
    そして、第三。断固たる決意、くらいのことで、これが、どうにかなるものなのか。もちろん、専門医の指導で(ときには、ほっておいても)治癒寛解する人もいますが、もっと複雑な場合もあります。また、「病気」の方は直っても、それに関わった人々のいったん壊されてしまった現実の人間関係は、全員のその後を不幸にします。この「病気」の概念や定義からして、いまだ模索状態にあり、精神科はもちろん、哲学や社会学なども、深い関心をもって研究を進めている途上にあります。
    そういう「病気」が世の中にあるんだ、ということを世間が知っていれば、せめて混乱を助長してしまうことなく、問題を最小限にとどめることもできるようになるでしょう。なんにしても、もっとオープンに語れるようになることを願っています。

  2. atsuko_chan より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     別にBPDを「反社会性パーソナリティ障害」であると書いているわけではなく、また、別にアラを探して書いているわけでもありません。ただ、ご存知のこととは思いますが、精神障害に対する世間的な風当たりは酷いため、先生の文章を読まれた方が、自分の理解を超える行動をする人に対して、単に理解を超えるというだけで「その人はボーダーだ」なのでは、と端的に結びつけたり、差別を受けるようなことはあって欲しくないと思っているだけです。
     しかし、自分の文章がまた、間違ったレッテルを貼ってしまうことがある、というのは気をつけようと思います。どうも、私自身が当事者であり、私自身がBPDではないにもかかわらず、いわれなき偏見を受けた経験があるため、「精神障害者=厄介者」という図式になってしまっている現状を何とか変えたいという想いが強いため、必要以上にBPDを正当化した文章になっているのかもしれません。その点は、反省点として今後、気を付けたいと思います。
     

  3. 純丘曜彰 より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    自分の理解を超える人、という意味では、私なんかも子供のころから、そしていまでも、小うるさく、視野の狭い、浅はかなバカ野郎どもにさんざんがたがた言われ続きです。野球選手やサッカー選手などのようには、見た目に全体像がわからないのが、よけい恐いらしい。(こうしてあなたがブログに採り上げたのも、あなたから見て、ある意味でそうだったからでしょ。)でも、そんなの、いちいち気にしてたら、天賦の命として与えられた、自分にしかできない、自分のすべきことができない。
    テレビの番組の仕事以来、部落差別問題などにも取り組んできましたが、「我々がエタであることを誇りうる時が来たのだ」という水平社宣言にはとても感動し、こういう問題にはああいう方法こそが血路を開きえてきたことに大きく目を開かれました。差別される側が自分自身を卑下しているかぎり、自分よりも弱い者を捜してイジメようとしているクx野郎どもの餌食にされる。人種差別でも、ライ病差別でも、同じでしょう。ヨーロッパの街では、わざわざ自宅のベランダにレインボーフラッグを掲げている住人が多く見かけられ、強いなあ、闘ってるなあ、と、驚かされました。精神病系は、連帯して組織的に動くことが難しい面がありますが、ブログでも、マンガでも、社会の中の同じ存在であることを主張していくことはとても大切なことだと思います。
    「障害者」なんて、私のまわりには珍しくもないです。病気や障害に対する安っぽい同情や憐憫ではなく、あくまでその人と関わっているのであり、病気や障害など、その他のいろいろと同様の、その人の個別の事情のひとつにすぎません。差別にせよ、支援にせよ、目立つ病気や障害のことばかりを言い立てて近寄ってくるようなやつらは、どのみち友だちですらないでしょう。こんな国では、まだなかなか生きにくいですが、まともな理解者もいます。安心してください。

  4. atsuko_chan より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「まともな理解者もいます。」この言葉は、時に孤立を感じてしまう現状において、大変力強いです。
     私もブログでNonBPの立場としての文章を書くときは、「こんな大変なことがあった?」というような不幸自慢記事で同情を集めるのではなく、同じような状況に置かれているかもしれないNonBPの方達の少しでも役に立てれば(反面教師的な意味でも)と考えながら書くようにはしていますが、油断するとつい自分自身を卑下する考えに陥りそうになるため気をつけようと思います。
     また、他の方の主張にたいして自分の考えを述べるときには、はやり名前を晒して主張するのが筋だとは思いますが、この点は、BPDを患っているパートナーのことや周りの人間関係のことを考慮しているためですので、現時点でHNを利用していることに関してはご了承ください。(将来的には本名で書く予定です。)