【税理士試験】 解答のない問題<第10章>

こんばんわ。
 本日も「財務諸表論」についてのお勉強です。最近、とても参考にさせていただいております暮木先生のブログ「税理士試験 簿記論 講師日記」で出題されている課題に、前回の第9章に続き挑戦してみたので、その解答をアップさせていただきます。
 たまにご覧になっていただいてるかたで、ご興味の無い方は今回は黙ってスルーしてくださいな。 m(_ _)m
 「2~3行(←これ大事)で解答をつくってみてください」これが肝なのですが、前回よりはスッキリまとめられたかも。ただ、自分のなかでは税効果会計については、まだ腑に落ちてない感じです(-_-;) 引き続き理解を深めるように努めます!
*先生のアドバイスをいただいたのため、一部解答を修正しました!
解答のない問題<第10章>
第10章 負債
第1節 負債の範囲と区分

問10-1☆☆☆ 概念フレームワークにおける負債とは何か説明しなさい。
(解答案)
 負債とは、過去の取引又は事象の結果として、報告主体が支配している経済的資源を放棄もしくは引渡す義務、又はその同等物をいう。

第2節 引当金
1 引当金の本質
問10-2☆☆☆ 収益費用アプローチの下での引当金の意義をその設定目的をふまえて説明しなさい。
(解答案)
 引当金とは、適正な期間損益を算定するため、当期の収益に対応した費用・損失を見越計上したときの経済的負担を表す負債
貸方項目である。
2 引当金設定の要件
問10-3☆☆☆ 企業会計原則に規定する引当金の設定要件を4つ説明しなさい。

(解答案)
 引当金の設定要件は、将来の特定の費用・損失であり、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、その金額を合理的に見積ることができることである。

3 引当金の種類と区分表示
問10-4☆☆ 企業会計原則に規定する引当金の種類を貸借対照表上の表示の違いに着目して簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 引当金は、関係する資産からの控除項目として扱われる評価性引当金と、負債の部に計上され使用されるまでの期間により流動負債と固定負債に区分される負債性引当金に大別される。

第3節 納税義務と税効果会計
問10-5☆☆ 税効果会計の目的を法人税等の性格をふまえて説明しなさい。

(解答案)
 税効果会計は、法人税等の性格を費用と捉えた場合に、発生主義会計のもとでの税金費用と税務上の負債を、課税の源泉となる取引や事象が発生した期間に配分し、税引前利益と法人税等を対応させることを目的としている。

問10-6☆☆ 一時差異とは何か説明しなさい。
(解答案)
 一時差異とは、貸借対照表に計上されている資産・負債の金額と、課税所得計算上の資産・負債の金額との差額をいう。

問10-7☆☆ 将来加算一時差異と将来減算一時差異とは何か説明しなさい。
(解答案)
 将来加算一時差異とは、その解消時に課税所得を増額する効果を持つ差異であり、将来減算一時差異とは、その解消時に課税所得を減額する効果を持つ差異である。

問10-8☆☆ 繰延税金資産の資産性及び繰延税金負債の負債性について説明しなさい。
(解答案)
 繰延税金資産は、将来年度の納税額を減額し、税金の前払いに相当するため、資産性を有する。また、繰延税金負債は、将来の納税額を増額し、税金の未払いに相当するため、負債性を有する。

問10-9☆☆ 繰延法と資産負債法を採用した場合の適用税率について説明しなさい。
(解答案)
 繰延法は、当期の税引前利益と法人税等を対応させることが目的であるため、一時差異の発生年度の利率を用いる。一方、資産負債法は、将来期間における法人税額
将来における法人税等の増減額の表示が目的であるため、一時差異の解消年度の税率を用いる。
第4節 流動負債
3 短期の負債性引当金
(1)賞与引当金
問10-10☆☆ 役員賞与の取扱いをその理由とともに説明しなさい。

(解答案)
 役員賞与は、職務執行の対価である点で、従業員の賞与や役員報酬と同様の性格を有するため、役員賞与の見積額を決算時に引当金として設定し、その繰入額を一般管理費に計上する。

(2)修繕引当金
問10-11☆☆ 修繕引当金が条件付債務に該当するか否かを説明しなさい。

(解答案)
 修繕引当金は、条件付債務に該当しない。
 なぜならば、将来における修繕の可能性は、企業にとっての法律上に義務ではないためである。

第5節 固定負債
1 社債
問10-12☆☆ 社債を時価評価しない理由を説明しなさい。

(解答案)
 社債は市場があったとしても、自己の発行した社債を自由に精算するには、事業遂行上等の制約があると考えられることから、時価評価の対象としないことが適当であるためである。

3 退職給付引当金
問10-13☆☆ 退職給付とは何か簡潔に説明しなさい。

(解答案)
 退職給付とは、一定の期間にわたり労働を提供したこと等の事由に基づいて退職以後に従業員に支給される給付である。

問10-14☆☆ 退職給付債務の算定に現価方式を用いる理由を説明しなさい。
(解答案)
 退職給付債務は、退職給付見込額のうち、期末までに発生していると認められたものを、将来時点を基準として算定しているため、実際の支給時までの貨幣の時間的価値を考慮する必要があるためである。

問10-15☆☆ 退職給付債務を算定する際に使用される割引率について説明しなさい。
(解答案)
 退職給付債務を算定する際に使用する割引率は、長期国債など、安全性の高い長期の債券の期末における利回りを基礎とする。

問10-16☆☆ 年金資産を退職給付債務の計算上控除して表示する理由を説明しなさい。
(解答案)
 年金資産は制度的に退職給付の支払いのみに使用されるため、これを一般の資産と同様に企業の貸借対照表に計上すると、かえって、財務諸表の利用者に誤解を与えるおそれがあるためである。

問10-17☆☆ 遅延認識を行う理由を過去勤務債務と数理計算上の差異の別に説明しなさい。
(解答案)
 過去勤務債務は、その負担により従業員の勤労意欲が向上して将来の収益増加が期待されるため、また、数理計算上の差異は、長期的性格の誤差だから平準化して調整すべきであるとされるため、遅延認識を行うこととしている。

4 資産除去債務
問10-18☆ 資産除去債務の意義とその負債性について説明しなさい。

(解答案)
 資産除去債務とは、有形固定資産の取得や使用によって生じ、その資産の除去に関して法令や契約で要求される法律上
義務であり、これは、資産の除去時に不可避的に生じる支出額であるため、負債性が認められる。
問10-19☆☆ 資産除去債務基準において引当金処理と資産負債の両建処理のいずれを採用しているかその理由について説明しなさい。
(解答案)
 引当金処理によると、資産の除去に必要な債務全体が負債として認識されないことになるため、基準では債務全体の負債計上を重視して、資産負債の両建処理を採用している。

問10-20☆☆ 資産除去債務に対応する除去費用を資産計上するのはなぜか。
(解答案)
 除去費用を資産計上するのは、資産の除去時に不可避的に生じる支出額を取得に関する付随費用と同様の性格を持つと見なしているためである。

問10-21☆☆ 資産除去債務の算定に適用される割引率について説明しなさい。
(解答案)
 資産除去債務の算定に適用される割引率は、貨幣の時間的価値を反映した無リスクの税引前の利率である。

第6節 偶発債務
問10-22☆☆ 偶発債務の開示について説明しなさい。

(解答案)
 偶発債務は、実現の可能性が高く、損失額の合理的見積りができる場合には引当金を計上し、その可能性が高いとはいえない場合や、損失額の合理的見積りができない場合には、偶発債務の内容を貸借対照表に注記することにより開示する。

↓参考文献です。(今、必死に読んでます!)

財務会計講義
財務会計講義 桜井 久勝

中央経済社 2011-03
売り上げランキング : 22197

Amazonで詳しく見る by G-Tools

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする