下ネタ(過活動膀胱)_薬が切れたら元に戻るそうだ(^^ゞ

2012.02.14_1

photo credit: Rita Willaert via photopin cc

 こんばんわ、今日も寒かったですね。
「寒いと近くなるものとは?」
「トイレヽ(*´∀`)ノ」
と答えた貴方は、トイレ近くないですか? 僕は近いです。
 そこで、去年の12月から泌尿器科に通い、トイレが近いのを改善できるよう治療をしています。前回の記事「下ネタ(1日平均『20回』→『6回』)」では初めて泌尿器科に通い、薬を処方してもらい、だいぶ症状が改善してきたことをご報告したのですが、本日はその続きです。
 約三週間ごとに病院に通い、問診を受け、薬を処方してもらっているのですが、2回目に通った時には、良くなっているのを実感できていたので、前回と同じ薬を1日1錠処方してもらいました。3回目は、回数は少なくなっているが、たまに切迫感が酷い時がまだあることを相談したところ、薬を1日2錠に増やして様子をみるように言われました。でも、正直2錠に変えてもあまり変化はしませんでした。
 そして、先日4回目の診察だったのですが、2錠に増やしてもあまり効果が変わらなかったことを告げるとともに疑問に思っていたことをいくつか質問したのですが、そのうちのひとつが
「だいぶトイレの回数も減ってきたし、何時になったら薬なしでも大丈夫になりますかね?」
です。その質問に対する先生の答えが
「薬やめたら、元に戻りますよ!」
 と言われました。
「えっ(・。・;」
 正直、これっぽっちも考えていなかった答えだったのでビックリしました。要は今処方してもらっている薬は「ベシケア」という薬なのですが、これは根本的に症状を治す薬ではなく、一時的に症状を改善する薬だった訳です。先生曰く、現在は頻尿を根本的に治す薬は無いそうです。
 では、どうしたら良くなるのか聞いたところ、訓練をする必要があるそうです。
 こちらのページに具体的な方法が掲載さえています(排尿トラブル改善.com)が、簡単に紹介しますと、
膀胱訓練…尿意を我慢する練習を、短い時間から始めて、少しずつ時間を延ばす。
骨盤底筋体操…弱った骨盤底筋を鍛え、筋力をつけることで、臓器が下がるのを防ぎます。
などがあります。その他、日常生活でカフェインを控えるなど生活改善も必要なようです。
 てゆうか、なんでこれを初めから紹介してくれないのだろうか? はじめから知ってたら、色々と試してみたのに。病院の先生って説明足らずの方が多いですよねぇ。
 確かに薬を飲んでいると、症状は以前よりは明らかによいため、安心は安心なのですが、薬代も結構高いです(三週間分で1700円、診療代が1300円なので一回で3000円かかります)ので、出来れば薬がなくても大丈夫な状態にしたいと思っているので、色々効果がありそうな習慣を身に付けたり、膀胱によい(?)運動してみたりして今後も効果を検証してみたいと思います。
 このトイレの話は、すぐ直ると思っていたので、もう話題にすることも無いと思っていたのですが、しばらく経過報告をしますね! きっと同じように悩んでいる方もいらっしゃると思うので、実験台(?)となっていろいろチャレンジしてみます。(^_-)-☆
2012.02.14_2
↑現在処方してもらってる薬「ベシケア5mg」です。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする