だんだん効果を実感してきています_『ストレスフリーの仕事術』デビッド・アレン

 以前、倉園佳三さんの著書は『 Nozbeクリエイティブ仕事術』を読み、この歳にして初めてGTDについて知り、早速、自分なりに実行していたのですが、どうも上手く使いこなせていないような気がしてたんです。そこで、ここはGTDについて一度さらに詳しく学んでみようと思い、本書と手にとりました。

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 デビッド アレン 田口 元

二見書房 2006-05-18
売り上げランキング : 6000

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本書を読み終わって、実感したことが2つ。
①やはり、倉園さんの『Nozbeクリエイティブ仕事術』はホントにわかりやすくまとまっている、ということが今さら分かった。
→僕が理解不足なだけで、『Nozbe~』を読んだだけでもGTDについては結構理解できると思います。
Nobzeは実にGTDを実行しやすいようにあれこれ手を加えられ考えられて設計されているということが分かった。
→Nobzeの実力を活かしきれてなかったのは僕のせいでした(-_-;)
まず、GTDが現代に必要とされる前提ですが、
今の仕事と昔の仕事の違い「仕事の終わりがどんどんはっきりしなくなっている」
↓つまり
「やりかけの仕事」が頭の中にどんどん溜まっていく。これは一見、自分があたかも頭脳明晰で、仕事をたくさんやっているような気になることができる
↓しかし
勘違い!
と定義されています。そこで提案されているのが、以下の方法。
このストレスから逃れるためにするべきことは3つのステップ
①頭の中の「やりかけの仕事」を全部書き出して意識的に把握する
(コツ)日常的なことから長期的なことまで全て!
②「やりかけの仕事」に対して次にとるべき行動を決める
(コツ)「具体的に行動している自分」をイメージできるように「やるべきこと」を書き出していく。どうすれば「次にとるべき行動」を確実に知ることができるか? それは「最悪に備え、最高の夢を見つつ、その間をいくこと」である。
③「次にとるべき行動」を信頼できるシステムで管理し、定期的に見直す
(コツ)ビジネス・プロフェッショナルにもっとも必要な習慣は「週次レビュー」。7日ごとに1週間を俯瞰的に眺める。そのときだけは、木を見ることなく森を見るのだ。時間は1時間か2時間は絶対必要。
この3つのステップを簡単に実践できるようにGTDでは5段階のワークフローを定義
①収集する
②処理する
③整理する
④レビューする
⑤実行する

具体的な方法は、こちらのHPがわかりやすいと思うので、ご覧になってください。
写真でわかるGTD(初回編)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0606/28/news097.html
 文字にすると、とてもシンプルな仕組みなんですが、実際に自分がやってみると、これがなかなか難しい。僕の場合は最初の①収集するの段階で、頭のなかのことを全て吐き出すことが、できているようで、まだ不十分なのだと思います。全てを吐き出す作業は思いの外難しいものです。今後はさらにこの過程でじっくり時間をかけてみようと思っています。
では、GTDを実行する利点とはなんなのか?それは、

・「仕事を成し遂げる技術」であること以上に「知的社会におけるアイディア創造術」でもある点。
・やりかけの仕事を片付けることによって、本当にやりたいことのために集中力と創造的なエネルギーを100%使えるようになること。
・この作業をすることで、自分が人生の運転席に座ることができる。影響力の受け手ではなく、影響の与え手になることができる。
・やりかけの仕事をすべて把握することができるため、人生の平穏が完全なものになる。必要なのは「完全に終わっていない仕事」を完全に把握すること。いちばん苦しいのは目に見えない用事や思い出せない約束にエネルギーを取られることだ。
・心のメモリーが増える。また、目の前にふってきた仕事をすぐさま片付ける癖がつく。


などが挙げられています。
 僕は特に自分の人生の運転席に座ることができるようになる、つまり、自分の人生を自分でコントロールできるようになりたいと思っています。なぜなら、周りの環境に振り回され続けてきたからです。だからといって、人のことを責めるような無意味なことはしたくないんです。
 だって、もし、自分にスキルがあれば、乗り越えられたかもしれないんだから。だから、同じ過ちは繰り返したくない。そのためにも、今の自分にできるベストを尽くして日々精進しようと決意したんです。
 本書では、ベストを尽くすことの大切さについても述べられています。
「最も良い」と「良い」の違い
 何事にもくじけないための、ごくシンプルな秘訣。それは「何をするにもベストを尽くそう」とたった今、決心することだ。「ベストになる」のではなく「ベストを尽くす」のだ。
 ベストとは、完璧とは違う。ベストとは、この瞬間、あなたのもてるすべてを注ぎ込んでできることがベストなのだ。「ベストを尽くす」と決めたときとそうでないときで、得られる結果は外から見たら違いがないかもしれない。そうだとしても「ベストを尽くす」という視点を持つ事によって、将来的に生産性は高まる。
 僕もそう信じて精進します!
 興味を持たれた方は、是非下記の質問に答えながら、現状を把握してみてください。
行きたい場所に行くには、今いる場所がどこかを知らなければならない
 じっかり時間をとって全体像を把握することを避けていては、今の仕事を改善したり、変えたりすることは難しい。把握するための6つの質問?
①今、あなたにとってのタスクは何か?
今、とらなければならない行動。たいていの人は1日に100~200個ほど。
②今、あなたにとってのプロジェクトは何か?
複数のタスクからなる、あなたが達成しようと決めた成果のこと。たいていの人は30~100個。
③今、あなたが責任を持っている分野は何か?
職場や家庭における役割。10~15個ほど。
④これから1年でプロジェクトにはどのような変化があるか?
比較的短期間の展望
⑤これから数年間で属するグループや私生活にはどのような変化があるか?
もう少し中長期的な展望
⑥あなたは何のために生きているのだろう?
存在の目的「人として達成しなければならないこと」
どうでしたか? スッキリした気持ちになりませんか?
↓GTDは特にツールは限定していませんが、本書を読むとNozbeとGTDの相性の良さが分かると思いますよ。

できるポケット [公式ガイド] Nozbe ノズビー クリエイティブ仕事術
できるポケット [公式ガイド] Nozbe ノズビー クリエイティブ仕事術 倉園 佳三 できるシリーズ編集部

インプレスジャパン 2011-03-10
売り上げランキング : 13484

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 デビッド アレン 田口 元

二見書房 2006-05-18
売り上げランキング : 8151

Amazonで詳しく見るby G-Tools

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法 できるポケット [公式ガイド] Nozbe ノズビー クリエイティブ仕事術 iPhone×iPad クリエイティブ仕事術  本当に知りたかった厳選アプリ&クラウド連携テクニック 凡人のための仕事プレイ事始め

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする