そぅ、今からだって遅くない!_『「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本』午堂登紀雄

「あれ、もう30?」
 まず、このタイトルの言葉に目が止まりました。上手いですね。この「あれ、もう30?」と思っている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか? 僕もその一人です。だから、本書を手にとってしまったのです(^^ゞ (まんまと著者の罠にハマったかな…)
 人それぞれで事情はありますが、30代ともなれば世間的には、本来描いていた理想の自分と現実の自分とのギャップに悩む時期だと思います。そこで「まぁ、現実はこんなもんだ」とデキナイ自分を受け入れたままにするか、「オレはまだまだヤレる!」と受け入れ、では今から何をすべきなのか?と考えるかで、その先の人生は随分差がつくはず。30代はまだまだやり直しが効く年齢だと思います!
 僕自身、プロフィールにも記載しているように、現状は酷いものです。ただ、「オラ、やったる!」という決意をし復活への道を歩き、いや走り始めました。そんな僕にとって本書は気付きの多い内容でした。

「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本
「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本 午堂登紀雄

WAVE出版 2010-05-21
売り上げランキング : 13951

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ホント、つくづく自分は無知だと思うのですが、著者の午堂登紀雄さん、著書も多くかなり有名な方なんですね。
『「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本』
という、タイトルからすると、「じゃぁ、どうやって結果をだせばいいの?」とテクニック面を重視しているかのようにも取れますが、実際には、最後の「おわりに」の部分で書かれているのですが、著者は著者が思う「考え方」をメインテーマにされたようです。
大きな柱としては、
「会社編」オフィス、上司、会議、居酒屋
「仕事編」仕事、日常、じぶんち、交流会
「じぶん編」
の三部構成。
 ある事例に対して「どう考えるか?」と共に「どう動くか?」と行動の指針も与えられているため、具体的な行動を真似やすいです。取り上げられているトピックも我々の身近に起こっていることが多いと思います。例えば、下記のように構成になっている文章が多く、理解しやすいです。

・仕事をゲーム化する(「会社編」オフィス)
仕事は最初から面白さが備わっているのではない
↓(発想を変えよう!)
「どうやったら面白いゲームに変換できるか?」
↓(そうすると?)
地味で単調な仕事の中にも、学べるものはある。考えながら取り組むと、驚くほど学べる。

 個人的にひっかかったのは
・「社内ランキング1位」になろう
→トップと2番目では知名度で格段の差がある。小さくても何かの分野でナンバーワンになることが大事。
・上司を乗りこなそう
→「上司はデキる人」という先入観は捨てる。上司が持つ威厳、威光、人脈、能力は自分の仕事をうまく進めるために利用すべき資源
・ウェルカム、プレッシャー
→苦労をしたことが無い人はスマートに見えるが薄っぺらい。人が成長するのは修羅場の経験。だから、そういう経験は買って出る。
・中途半端な努力が、残念な人を生む
→TYが信条。TYとは【とりあえずやってみる】と【徹底的にやる】。中途半端な努力からは、中途半端な結果しか生まれない。
・深堀り仕事術
→「仕事に慣れた」というのはその仕事がルーチンワークだから。つまり誰でも出来る仕事。自分の範囲内でのみ仕事をすると競争力につながる力は蓄積されない。30代は周辺業務を深堀りし、意識して時間を作って学ぶ、取り組みが必要。
・時短革命
→自分の動きのすべてを加速させて生活することになれると、自然と速い行動で物事を処理できる。ランチを30分から10分で!朝起きてから15分で家をでる、など。
・「脱・いい子」宣言
→批判されることは大きな価値がある。どの世界でも常識破りのこと、前例のないことには摩擦や批判が起こる。だから、賛否両論が起これば、自分の発言の存在価値があるということ。
・かわいい男になろう
→素直さが成長の厳選。素直でない人はまず批判・否定から入る。逆に素直な人は、教わったことを疑わず、まずやってみる。ここでの素直さとは従順という意味ではなく、「受け入れる」力を持っている人のこと!
などなど(他にもいっぱいありました)。
 意外と当たり前のことばっかり!と思うかもしれませんが、少なくても僕に関して言えば、こういうことを知らなかった、もしくは知っていても実行しなかった、から「今の自分」なのだと思います。
 「おわりに」でこう書かれています。

「すぐに結果がでます」という誘惑には負けない。今は周囲から遅れをとっていると焦っても、ガマンしてしっかり基礎工事をする。
 そうして高い建物を建てたなら、見える景色がまったく変わります。

そうだ、今からだって遅くない!
たった今から僕も「TY」で生きます!

「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本
「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本 午堂登紀雄

WAVE出版 2010-05-21
売り上げランキング : 14304

Amazonで詳しく見るby G-Tools

30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方 33歳で資産3億円をつくった私の方法 「突き抜ける!」時間思考術 やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本~ダメな日の「やる気」復活トレーニング~ お金の才能

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする